学校紹介トップ乳幼児部幼稚部小学部中学部オーディオロジー部
活動の特色
1.小学部教育の柱

(1)「聴く」ことを大切にする教育
・受動的な「聞く」ではなく、能動的な「聴く」態度を育てる教育。
・日常のあらゆる場面で聴く生活。
・最良の補聴機器・補聴システムによる聴覚の活用。

(2)対話を土台とした教育
インタラクション(心を通わせ合う相互のやりとり)を通して信頼を築き、心とことばを育てる。

(3)キリスト教教育
聖書の世界を知り、愛と祈りの心を育てる。

2.教育活動で大切にしていること

(1)子どもの心が動く、豊かな生活経験を求めていく
・心が動いたときにこそ、その子にとっての本当の学びが起こる。
・心が動いたときにこそ、生きたことばが生まれる。
・体験を通して得られる、
 実感を伴った本当の理解の積み重ねを大切にする。

(2)子ども自身の中から起こる学びを大切にする
「やってみたい」という思いから出発することで、自分から積極的に活動に取り組む子どもを育てる。
〔経験→気づき→探究→発見→理解→新たな課題追究〕

カリキュラム
一週間のカリキュラム
幼稚部
トップ
活動の特色・カリキュラム
年間行事
生徒作品
トップ
ページトップへ
プライバシーポリシー 日本聾話学校webサイトに掲載の記事・写真・映像・イラストの無断転載を禁じます。
copyright © 2015 NIPPON ROWA GAKKO-JAPAN ORAL SCHOOL FOR THE DEAF-.All Rights Reserved.