学校紹介トップ乳幼児部幼稚部小学部中学部オーディオロジー部
難聴の子どもの育て方
基本的な心構え

耳の不自由な赤ちゃんでも、早くから補聴器や人工内耳をつけて、適切なサポートが得られる環境で育つことで、健聴の赤ちゃんと同じ道筋で「ことば」を身につけることができます。

1.ことばの発達

ことばの育つ環境

まず「ことば」の性質やその発達のしかたを知ることで、ことばの育つ環境の大切さを理解しましょう。

なぜ、赤ちゃんはおしゃべりができるようになるのでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんは、耳が聴こえていても、お母さんのことばが理解できるわけではありません。それでも、お母さんは、赤ちゃんにどんどん話しかけます。赤ちゃんの泣き声に応じて「あっ、おっぱいね。ごめんね。遅くなっちゃって。さあさあ、おっぱいよ」とか「あら、おむつがよごれてたのね。さあ、きれいにしましょうね。ほうら、気持ちよくなったでしょう。そう、いい気持ちなの、よかったわね」「あら、ねむいの。じゃあ、おねんねしましょうね」など、など。
こうしたお母さんの語りかけは、まだことばを知らないはずの赤ちゃんにもちゃんと伝わります。なぜなら、赤ちゃんの願いや状況にぴったりだからです。
ことばそのものはわからなくても、その声音は赤ちゃんの耳に届き、赤ちゃんはオッパイやオムツ替えの時の「うれしい、楽しい、いい気持ち」の感覚とともに、その声音を吸い込み、脳に(大脳皮質に)記憶します。このような経験が何回も繰り返され、ことばが脳に蓄積されるのです。こうして段々とことばの意味がわかってきて、1才を迎える頃までには周りの人の言うことばが、ほとんど何でもわかるようになるのです。
また、赤ちゃん自身も、いろいろな声を出しています。その声が、周りの人々に安心や喜び、驚きや心配などの感情を喚起させ、それを聴いた周りに人たちは、ますますその場にふさわしいいろいろなことばをかけるようになり、それがまた、赤ちゃんを喜ばせ、元気づけて、赤ちゃんの声やおしゃべりを促していきます。
そんな心の通った楽しいやり取りの中で、赤ちゃんにわかることばがどんどん増え、やがて片言が発せられるのです。

愛されることで、人間のことばは生まれる

音というものは不思議なもので、聞こうとしなければその音は存在せず、聞き流されてしまう。聴きたいという意思を持つことで、はじめて聴こえてくるのです。そのため、自分にとって大切なこと(大切な他者という存在)がなければ「聴く力」は育たないのです。
赤ちゃんがお母さんの声を聴いていくうちに、その意味をイメージできるようになる、これはまさに「聴く」ことによって生まれる力です。赤ちゃんは、自分にとって大切な声に対する集中力をどんどん増し、ついにある音が意味を持っていることに気付きます。これがことばの誕生です。つまり、愛してくれる他者がいなければ、人間のことばは生まれてこないのです。

2.「聴覚障がい」ということ

まったく聴こえない人はほとんどいない

耳の不自由な赤ちゃんは、どんな音も声も全く聴こえないだろうと考えがちですが、決してそうではありません。聴覚障がい者とは「いろいろな程度や状態で、聴くことに不自由のある人」であり、全く聴こえないということではないのです。現在の進歩した補聴器を使えば、どんな聴力の人でも、聴くことができるようになります。つまり、補聴器が何の役にもたたないという人はほとんどいないのです。

人工内耳・補聴器を使って、耳をひらく

聴力が非常に厳しい場合は、人工内耳(蝸牛埋込み)という耳鼻科手術があります。世界各地で盛んに施され、よい成果をあげていて、日本でもさまざまな大学病院で行われています。私たちの学校でも、人工内耳をした子どもたちがいい成長をみせています。聴覚障がいの赤ちゃんも、早くから補聴器をつけて、耳を十分に使っていけば、聴こえる赤ちゃんと同じように、ことばを耳から覚えていくことができるのです。現に、補聴器をつけて、親兄弟や友達、さらに一般の人たちと、自由に話し合っている聴覚障がい者が日本にも世界にもたくさんいます。お子さんの耳が不自由だからといって、話をすることをあきらめる必要はありません。

3.話せるようになるには?

できるだけ早く、最適な補聴器を両耳につける

「赤ちゃんに補聴器なんて早すぎて無理ではないか?」と思われるかもしれませんが、無理でないばかりか、必要なのです。健聴の赤ちゃんが1年かけてことばを聴き貯めることからもわかる通り、その1年は言語習得にとってとても大切な時期といえます。聴力測定ができるようになるまで待つことなく、まず補聴器をつけて、生活の中で赤ちゃんの反応を見ながら補聴器を調整していくことが望ましいのです。 また、補聴器をいつもつけていると、耳がもっと悪くなるのではないかと心配される方もいますが、十分に注意をした上で適切に調整しさえすれば聴力を落とす心配はありません。むしろそういうことで気をもんでいると赤ちゃんも落ち着かなくなることがあり、その方がずっと有害です。まずは補聴器をつけて生活することが大切なのです。

心を通わせた楽しい語り合いがことばを豊かにする

赤ちゃんはよく声を出します。赤ちゃんの声や動きは、何でもないようでも、必ず心の動きを表しています。お母さんは赤ちゃんの声や動きに心を向け、耳を傾けることで、それが段々わかってくるのです。そして、心の通い合った中で話しかけるようになるのです。「ことば」とは、このようなあたりまえの日常生活の中で、親子間で心を聴き合う楽しいやりとりや数えきれない語り合いを通して育つものです。まず、親が子どもの表現したいと望んでいる内容を受け止め、共感し、それを言語化していく。すると今度は子どもも親の話を聴こうとするようになっていきます。そして自分の思いも親に伝えたいと、声を使うようになり、ことばが豊かに育っていくのです。

母親が変わると、子どもも変わる

個人差もありますが、実際に難聴の子どもたちがことばを獲得するためには、健聴児の何倍もの時間がかかります。しかし、母親が「大好きなこの子と一緒に楽しもう」と思えるようになると、子どもに変化が現れます。表情が変わり、声や笑いが発せられます。そして、やがて「意味のあることば」が出てくるのです。子どもの成長への希望は「可能性を信じて待つ」という、親や教師の子どもへ向けるまなざしの中で見えてきます。このことが親や教師に求められる大切なことなのです。

4.学校の役割

何でも相談できるよきパートナーに

聴覚障がい児の可能性を理解できても、病院で耳のことを言われた時のショックから立ち直ることは容易ではありません。乗り越えるためには、誰かの助けが必要です。それが、学校なのです。まずご両親が現実をしっかり受け止め、希望をもってお子さんを育てることができる環境づくりをすること。本校では、先生方がよき相談相手(パートナー)となり、大きな力となります。お子さんの将来に明るい希望を持ち、親子が毎日楽しく語り合って過ごすことで、お子さんは心身ともにのびのびと育ちます。

プラスの部分を見出す

この教育は、外からは隠れて見えない人のプラスの部分を見抜く感性や温かなまなざしを持つことが重要です。本校ではこのことが教師に求められる専門性だと考えています。こうした教師との関わりにより、お母さん自身が安心し、自信を持って子どもと家庭生活をしていくようになります。

人格の土台となる安定した「情緒」を育む

発達心理学では、人格には構造性があると考えられています。たとえば、たとえば、建物でいうと人格の土台にあたる部分は「情緒」なのです。その土台となる情緒が安定するためには、喜びや哀しみ、苦しみや楽しみなどの感情を、他者との関係の中で十分に経験する必要があります。それが思春期以降の自立を促し、やがては社会性を育みます。親や教師は「早くことばを話してほしい」と願いますが、実は土台である情緒を豊かに育てることを忍耐を持って続けることが、やがて知識の獲得やことばの発達に結びつくのです。

5.親の心得

最後に、聴覚障がいのお子さんを育てていく上でとても大切な「親の心得」をご紹介しましょう。

あるがままを受け入れる

誰もがかけがえのない存在であること、そのままのあなたでいい、という愛情が心の土台になり、信頼関係が形成されます。

ことばのことだけを考えない

言語習得にばかり執着しても豊かなコミュニケーションは生まれません。焦らず、のびのびと、成長を見守りましょう。

ほめること

小さなことでもほめてあげることが、お子さんの自信につながり、張り合いもでて、やる気が湧いてきます。

励ますこと

励ましながら、少しずつ困難なことへとお子さんを導く。自分ができる範囲を拡げることに興味をもつことが、可能性を開く第一歩です。

一緒に喜ぶ

どんな小さなことでもお子さんと一緒に心から喜びましょう。お子さんも必ず応えてきます。そこから本当のことばが生まれます。

呼びかけに応える

お子さんの呼びかけに必ず応じることで基本的信頼をもつようになり、心もことばもよい成長をします。

過保護にならない

不憫だからと親がみなやってしまうと、発達が遅れたり、依頼心が強く自信のない子どもになってしまいます。

怒らずに育てる

してよい事といけない事の区別を明確にし、「怒らず、ゆずらず、かしずかず」に、のびのびと育てていきましょう。

生活のリズム

寝る、起きる、食事をするなどの生活リズムをつくると、子ども自身も予測ができ、ゆとりをもって行動できるようになります。

親は子どものモデル

親の良い所も悪い所もすぐに真似るのが子どもです。笑顔のある家族関係の日常が子どもの判断力や価値観を形成します。

乳幼児部
トップ
活動の特色・カリキュラム
難聴の子供の育て方
通園するお母さんの感想
ページトップへ
プライバシーポリシー 日本聾話学校webサイトに掲載の記事・写真・映像・イラストの無断転載を禁じます。
copyright © 2015 NIPPON ROWA GAKKO-JAPAN ORAL SCHOOL FOR THE DEAF-.All Rights Reserved.