学校紹介トップ乳幼児部幼稚部小学部中学部オーディオロジー部
活動の特色
両親援助を行います

−「親子で楽しく聴きあう生活」を築くために−

1.朝の補聴器・人工内耳チェック

毎朝、一人ひとりの補聴器・人工内耳と外耳道の様子をオーディオロジー部スタッフが調べ、子どもたちの「聴こえ」の状態を最良に保ちます。

2.両親ガイダンス(個別支援)

明るく、楽しく、そして確信を持って子育てできるようになるために、まず、ご両親を支えます。
先生方は何でも相談できるよきパートナーとなります。
個別担当教師が、週に1回(50分)を原則として、個別支援を行います。

3.グループ活動

歌ったり、絵本を見たり、ボール遊びをしたり、親子で一緒に楽しく過ごす時間です。
グループ活動を通して、子どもとのよい関わり方を学びます。

[各グループ活動]
・月曜日(9:30〜11:00)−0・1・2歳児グループ〔1時間半〕
・火曜日(11:00〜13:30)−2歳児グループ〔2時間半〕
・水曜日(10:00〜11:00)−0・1歳児グループ〔1時間〕
・木曜日(10:00〜11:00)−0・1・2歳児グループ〔1時間〕
・金曜日(10:00〜11:00)−1・2歳児グループ〔1時間〕
・土曜日(10:00〜11:00)−父親グループ(学期に3回)〔1時間〕

(※月曜日は母親対象の講義と親のプログラムを実施)
(※土曜日は父親対象の講義を実施)

4.その他の活動

[家庭訪問]・・・(学期に1度)
ご家庭の状況や周囲の環境などを知るための家庭訪問を実施します。
親子の家での過ごし方、関わり方、状況などを把握し、よい子育てができるよう援助します。

[講義]・・・(月曜日グループ時に実施)
ご両親に向けて、基本的な教育方針、子育て、補聴器、ことばの発達などについての講義を行います。

[食事支援]・・・(個別支援の中で随時実施) 
楽しく食べることを通して、豊かな会話が育ち、親子の触れ合いも深まっていくよう援助します。

[父親プログラム]・・・(学期に3度、土曜日に実施)
父親を対象に、個別支援と講義を行います。

カリキュラム
一週間のカリキュラム
乳幼児部
トップ
活動の特色・カリキュラム
難聴の子どもの育て方
通園するお母さんの感想
ページトップへ
プライバシーポリシー 日本聾話学校webサイトに掲載の記事・写真・映像・イラストの無断転載を禁じます。
copyright © 2015 NIPPON ROWA GAKKO-JAPAN ORAL SCHOOL FOR THE DEAF-.All Rights Reserved.