学校紹介トップ乳幼児部幼稚部小学部中学部オーディオロジー部
一日も早く、音を聴く

聴覚に障がいを持った子どもたちにとって、できるだけ早期に適切に
調整された補聴器を装用して、教育を開始することはもっとも重要
なことです。

聴覚に障がいがある子どもといっても、音が「聞こえない」のではな
く、「聞こえにくい」子どもという方が適切です。医学的にみても
完全に聴力が失われることは、極めてまれなケースです。

ふつうに耳が聴こえる子どもたちは、周囲の者と心を通わせながら、自然にことばを身につけていきます。聴覚に障がいがあっても、ことばを覚える能力自体が損なわれているわけではありません。たしかに聴覚障がいをもつ子どもたちが、聴覚を生かしてことばや人格を育んでいくことは、決してたやすいことではなく、時間がかかります。けれども、聴覚に関する医学・電子工学に基づいた最新の補聴器や人工内耳を最大限に活用することによって、子どもたちの聴覚の発達の可能性は大きく開かれているのです。

オーディオロジー部では、0歳児から左右別の聴力検査を行い、日常の観察を行いながら補聴器を最適に調整するよう努めています。そのため、毎日の補聴器チェックを大切にし、常に補聴器が最良の状態で働くよう心がけています。
また、本校の『聴覚主導の人間教育』は人工内耳にとっても最適な教育であり、オーディオロジー部では病院と連携しながら子どもたちの人工内耳の管理・チェックを行い、これを最大限に生かすよう努めています。

オーディオロジー部
トップ
一日も早く、音を聴く
日々の活動
ページトップへ
プライバシーポリシー 日本聾話学校webサイトに掲載の記事・写真・映像・イラストの無断転載を禁じます。
copyright © 2015 NIPPON ROWA GAKKO-JAPAN ORAL SCHOOL FOR THE DEAF-.All Rights Reserved.