学校紹介トップ乳幼児部幼稚部小学部中学部オーディオロジー部
日々の活動
赤ちゃんのうちから補聴器を

補聴器は、赤ちゃんがきこえる音の世界を広げます。
補聴器のスイッチを入れると、お母さんのあたたかい声とのふれあいが始まります。

インサートイヤホンを使用した乳幼児聴力測定

本校は、乳幼児聴力測定に重点的に取り組んでいます。
音が聴こえると、子どもの右方向に置かれたオモチャが光ります。「インサートイヤホン」という軽量のチューブ型イヤホンを用いると、片耳ごとに聴力を測定できます。この測定方法により、0歳児から左右別のしかも重度難聴の子どもたちの聴力測定が可能になりました。日本では本校がこの測定方法をいち早く導入しました。

インサートイヤホン 聴力検査
デジタル補聴器のフィッティング

本校では最新のデジタル補聴器に関する技術を導入し、子どもたちの残された聴力を可能な限り生かすことに努めています。左右別の聴力測定の結果および日々の観察から、一人ひとりの子どもの「聴こえ」に合うように補聴器のフィッティングを行っています。

デジタル補聴器 補聴器のフィッティング  
ぴったりあったイヤモールド(耳型)を

補聴器をしっかり耳に装着し、適切に音を鼓膜に届けるためには、その子どもの耳にぴったりと合った「イヤモールド」が必要です。耳型の採取は、耳鼻科校医の指導のもとで行っています。

耳型の採取
毎朝の補聴器チェック

毎朝、補聴器・人工内耳の点検を行います。

電池の残量、本体・イヤモールドの点検、オーディオロジー部スタッフによる補聴器の音を聴いての点検、人工内耳の動作確認、赤外線受信機の点検が行われます。補聴機器に故障が見つかった場合には、すぐに代替機が貸し出されます。顕耳鏡による耳内のチェックも行われます。
補聴器チェック 補聴器の点検
顕耳鏡 人工内耳の点検
人工内耳をつけて学ぶ子ども

本校には、人工内耳をつけた子どもが多く在籍しています。

人工内耳装用児の聴覚管理・教育は、医療機関との連携のもとで進められます。

人工内耳をつけた子どもも、補聴器をつけた子どもと一緒に、充実した楽しい学校生活を過ごしています。

人工内耳を装用した子どもは、ただ単に人工内耳埋め込み手術をするだけでは不十分で、補聴器を装用した子どもたち同様に聴覚を最大限に生かす教育が必要なことが明らかになっています。「聴覚主導の人間教育」は人工内耳を装用した子どもたちにとって最も良い環境を提供するよう目指しています。

人工内耳 授業の様子
人工内耳
本校が開発した「赤外線補聴システム」

補聴器や人工内耳は、教室、ホール等では、騒音、反響があることに加え、教師との距離が離れているため、聞き取りが困難な状況になります。
これを大幅に軽減し、聞き取りやすくするため、本校ではソニーの協力のもと、独自に「赤外線補聴システム」を開発しました。
教師の声は、赤外線という一種の光に変換されて教室内に照射されます。
子どもたちは、胸につけた「赤外線受信機」で受けた教師の声を補聴器・人工内耳で、あたかもすぐそば、30〜40cmの距離で話しているように明瞭に聴くことができます。
机や天井に設置されたマイクは、生徒同士の相互会話を促すための鋭指向性マイクロホンです。

赤外線受信機 鋭指向性マイクロホン
オーディオロジー部
トップ
一日も早く、音を聴く
日々の活動
ページトップへ
プライバシーポリシー 日本聾話学校webサイトに掲載の記事・写真・映像・イラストの無断転載を禁じます。
copyright © 2015 NIPPON ROWA GAKKO-JAPAN ORAL SCHOOL FOR THE DEAF-.All Rights Reserved.